ファクタリングのメリットと業務上の注意点

  • 融資には当たらないファクタリングで資金調達

    • ファクタリングとは、売掛金の債権を専門の企業に譲渡し、手数料を差し引いた額を譲渡益として入手することです。

      あくまでも、売上金を回収する権利を業者に譲り、見返りに現金を得る取引ですので、金融機関からの借り入れには当たりません。借り入れのように、金融機関の信用情報に載ることもありません。


      ファクタリングは国で認められた合法的な資金調達方法で、安心して利用できます。

      大手企業と比較すると経済基盤の弱い中小企業等に周知徹底する必要があるとの見解が発表されています。

      ファクタリングを利用するメリットは、金融機関からの融資が難しいとされた企業でも素早く資金調達ができることです。

      売掛金の入金は相手先の支払日によっては、売上取引のあった日から回収までが2ヶ月を要する場合もあります。

      ファクタリング会社

      帳簿上では黒字経営でも実際のお金が入らないため、大口の仕入れや設備投資、従業員の給与や費用等支払いができなかったり、現金が枯渇することも考えられます。

      ファクタリングを利用すれば、現金がショートする事態は避けられると予想されます。
      なお、不幸にして相手先の経営が上手くいかなくなり、売掛金が業者に入金されなくても、自社側では弁済する必要はありません。

      ファクタリングの際には、自社と専門業者、売掛金の相手先の企業との3社間取引となり、売掛金の相手先に債権を譲渡したと通知する必要が出てきたり、売掛金の状況によっては、登記が必要となったりすることもあります。相手先に知られたくない場合には、自社と業者だけの2社間取引に対応してもらえる場合もあります。



      その際は手数料が多めにかかり、手取りの金額が少なくなってしまう可能性もあるので、どちらを重視するか熟慮して選ぶ必要があります。