ファクタリングのメリットと業務上の注意点

  • ファクタリングのメリットと業務上の注意点

    • 手形などの売掛債権は商取引の際に額面と同額の現金として扱うことが出来ますが、取引内容によっては債権をそのまま使用できないことがあるので現金化する必要があります。現金化の手続きは時間がかかることが多いので債権を第三者に売却して現金化するファクタリングが行われることがあります。

      正規の手続きに比べて短時間で現金化できることから特に中小企業や個人事業主の利用件数が多く、売却によって債権の所有権が第三者に移動することで不渡りなどによる債権の焦げ付きにも影響が生じない利点があります。
      その一方で債権の回収業務は買い取りを行った業者が行うので、トラブルを避けるために事前に債務者側に了解を得ることが社会的なマナーになります。


      また、債権の売却は個人情報の管理が徹底されている業者を相手に行うことも社会的な信頼を保持するために必要な心得です。


      ファクタリングは債権を簡単に現金化できる方法として広く普及している一方で、安易に繰り返すと債権の管理や資金繰りに問題があると見做されて取引に悪影響が生じることもあります。

      おすすめのファクタリング情報ならこちらをご利用ください

      そのため、実際にファクタリングを行う場合は慎重に判断することが事業主に求められる姿勢です。



      ファクタリングを行う場合、現金化する手続きが簡単で査定額も大きい業者を選ぶように心がけます。

      同じ債権でも業者によって査定結果や手続きの時間が異なるので、複数の業者を比較したうえで利用しやすい所を選ぶように心がけます。