ファクタリングのメリットと業務上の注意点

  • ファクタリングのメリットとは

    • ファクタリングとは、他者の持っている債権を買い取って、その債権の回収を代行する金融機関のことですが、メリット、デメリットがあります。

      そのメリットは主に3つありますが、まず一つはファクタリング業者にとってのメリットになりますが、債権者から債権を買い取る時に、手形割引をしますが、その際に受け取った金額と、債務者から実際に回収した、売掛債権の金額との差額が利益になるということです。

      ファクタリング会社の比較

      また債権者からも債務者からも、システム料や参加料を徴収できることも挙げられます。

      2つ目は債務者にとってのメリットですが、債権回収という手間と事務負担の軽減により、人権費などを抑えられるので、手形発送のコストを削減することが出来ます。



      債務者からは、債権者へ支払日などを、書面で連絡するだけで済みます。



      3つ目のメリットは債権者にとってのメリットですが、手形の割引をファクタリング業者に、行ってもらえることです。


      また貸倒リスクも背負わずに済みます。そして、債権回収にかかる人件費などのコストを削減することも出来ます。


      その他に、債権者と債務者に共通するメリットとしては、手形の紛失のリスクを削減できることです。債権者が手形を紛失してしまった場合、相手が倒産してしまったとすると、二重払いしなければいけない事態になってしまいます。ファクタリング業者を利用することによって、ファクタリングシステムへの参加契約を結んだことになり、二重払いなどのトラブルを回避することが出来ます。